今までの千年からこれからの千年へ

品質管理

QUALITY MANAGEMENT

品質管理への取り組み

当社では、お客様に満足いただける品質の製品を提供するために品質に影響する因子の徹底管理、お客様のご要望に合わせて即座に鋳造条件をご提示できるトレーサビリティの確立を推進しています。

製品ごとに製造番号の割り振り

弊社では20年以上に渡り製造工程をコンピュータ管理しておりました。

年々改良を重ね、現在は鋳込む1枠ごとに製造番号を振り当て、それぞれの鋳物製品にこの製造番号を鋳出し文字で表示しております。

各データと製造番号の紐付け

品質に影響する因子(造型日時・溶湯成分・注湯順番・注湯温度など)をコンピュータを用いて取り込み・集計し、データを一括してサーバー管理しています。

使用技術

造型日時 RFID
溶湯成分 カウントバック(発光分光分析装置)
注湯順番 バーコードリーダー
注湯温度 熱伝対型温度計

誰でもわかる製品情報

製造された鋳型にデータカードを貼り付けることで、注湯に必要な注湯温度や重量、材質などが一目でわかるようになっています。

また、このカードは検査場まで紐付けられるため、出荷管理にも役立てられ、製品の取り違えなどが極力起こらないような工夫がされています。

∧ Top